www.wanichan.com

メモ帳とワードパッドのちがい

初心者のためのパソコン講座|パソコンの基礎

メモ帳は書式を設定することができないものに対し、ワードパッドは文字の色や大きさを変えたり、画像を挿入したりできます。メモ帳で作成されたファイルは、Macでも開くことができます。

スポンサーリンク

はじめに

あらかじめWindowsのパソコンにはメモ帳とワードパッドが「アクセサリ」の中にはいっています。
メモ帳もワードパッドも同じく文字を入力するためのソフトですね。

メモ帳

ワードパッド

Macとやりとりするには?

Macをお使いの方宛にメールでテキストデータを添付して送信する場合、どちらのほうが好ましいと思いますか?

答えは「メモ帳」です。

メールのテキスト形式のメッセージは、Macをお使いの方に送信しても読むことができます。

では、どうしてワードパッドがいけないのでしょうか?

ワードパッドで作成されたファイルにはWindows独自の仕様が組み込まれているからです。

メモ帳は文字の配置や大きさの設定、飾り付けができない

メモ帳は、文字を大きくしたり、センタリング、右寄せなどの文字のレイアウト、文字の色を変えたり、書体を変更することはできませんよね?
メモ帳は、文字と改行、そしてタブの3種類のものしか使うことができません。つまり、それだけシンプルな構成でできたファイルなので、それだけ余分な情報が組み込まれていないため、ファイルのデータ容量は最小限にまとめられます。したがって、メモ帳は一番軽い形式のファイルですのでダウンロードするのにあまり時間はかかりません。

ワードパッドは文字の大きさや修飾、配置や画像など扱える

一方、ワードパッドは、文字を大きくすることも、文字の書体を変更することも、文字の配置を思い通りに設定することができます。

しかし、それらの情報は「ワードパッド」というソフトの仕様に基づいてテキストデータとともに組み込まれるので、その仕様に適応されていないアプリケーションソフトであれば、ファイルデータの解釈ができないので、文字化けします。

ワードパッドで作成されたものはリッチテキストとも呼ばれ、Wordでも開くことができます。

次のセクション

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ