ホームページアドレスってみんなwwwからはじまるんじゃないの?

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 このページをはてなブックマークに追加

基本的には、ホームページのアドレスはwwwから始まります。
しかし、かならずしもそうとは限りません。

wwwとはWorld Wide Webの略で、世界中に張りめぐられたくもの巣のような状態です。
いつからwww以外の名前でもホームページのアドレスで使うようになったのかは私にはわかりかねますが(汗)。

ホームページを読み込むためにははじめにhttp://から始まります。
これで、ホームページを読みにいく命令をしているわけなので、特にどんな名前であっても、サーバにちゃんと存在すればアクセスは可能です。

たとえば、YAHOO! JAPANのサイトのアドレスを見てみましょう。

http://www.yahoo.co.jp/

実は、http://yahoo.co.jpでもアクセスできるということ、ご存知ですか?
YAHOOのサイトの場合は、wwwがなくてもアクセスできるように配慮しているだけなんですけどね(^^ゞ

話はそれましたが、それぞれのURLにはホスト名、組織名(グループ名)、組織分類(企業なのか学校なのか政府機関なのか)、国別コードに分かれています。
wwwはホスト名、yahooは組織名(グループ名)、coは団体(coは企業団体を示す)、jpは国別コード(jpは日本)となります。

ちなみに、village.infoweb.ne.jpのホスト名はvillage、組織名はinfoweb、団体はne(ネットワークサービス提供者)、最後に国別コードのjpになります。

このように、ホスト名、組織名、団体、国別コードをまとめてwwwサーバ名と呼びます。

組織分類対象組織 カントリーコード
co営利企業(一般企業など) jp日本
neネットワークサービス提供者(プロバイダなど) ukイギリス
go政府機関 deドイツ
ac教育・学術機関(大学・高専・専門学校など) frフランス
ed幼稚園・小学校・中学校・高校 kp韓国
adJPNIC会員の組織 inインド
gr団体 brブラジル
or各種法人、政党など bfブルチナファソ
  caカナダ

アメリカの組織分類一覧は以下のとおりです。

組織分類対象組織
com営利企業(各種会社)
edu

学校、教育機関

gov政府機関
netネットワークサービス提供者
orgその他の組織

ただし、アメリカではusというカントリーコードがありますが、インターネットの技術を生み出され、発展した国なので、あえてusコードは省略できる・・・・らしいです。

INDEX

コメント

▲このページのトップへ