www.wanichan.com

クライアントとサーバーの違い

初心者のためのパソコン講座

クライアントとはサービスを利用するコンピュータ、サーバーはサービスを提供するコンピュータとなります。

スポンサーリンク

クライアントサーバー型とは

会社や学校のLANの環境はたいていクライアントサーバ型になります。何が違うかというと、サーバというでっかい機械が入ってくるだけで、身分の差が生じます。

これでまた横文字が出てきましたが(外国からきたのでしょうがないんですけど)・・・
クライアントとはサービスを利用するコンピュータサーバサービスを提供するコンピュータとなります。

サーバはとても偉い立場にあります。サーバが動いていない限り、何もできません。

ここで噛み砕いて説明させていただきますと、学校に置き換えると、サーバは校長先生、クライアントは先生・生徒になります。

サーバを管理するにはAdministrator(アドミニストレータ)という名前でなければいけませんよね?

そう、日本語で「管理者」という意味です。まさにボス的な存在です。

ネットワークへの参加

クライアントサーバ型のネットワークにおいてサービスを利用する場合、パソコン起動時に「あなたは誰?」と聞いてきます。まるで、その学校の所属する人間であるかどうか聞いてくるわけです。部外者だとダメですからね(笑)。

それが「ネットワークパスワードの入力」のウインドウとなります(新しいWindowsであれば、[ネットワーク資格情報の入力]のウィンドウが表示されます)。

もし、その名前がネットワークのメンバーではない場合、部外者として認識し、グループには入れてもらえません。

たとえユーザ名とパスワードが合っていたとしても、「キャンセル」ボタン、またはEscキーを押した場合は「グループに参加するのはやめておきます」という意思表示とみなされますので、学校の正門前で立ち尽くし、孤立した形になります。

必ず、正しく入力した後、OKボタン、またはEnterキーを押してくださいね。

このような操作を「ログイン」または「ログオン」と呼びます。
つまり、グループに参加します。私はこういうものですから入れてください、という意味ですね。
一方、「グループから退出します。バイバイします。さようなら」したい場合は「ログオフ」「ログアウト」をすることによって、いったんグループから抜け出します。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ