2-2 マウスの接続方法の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日時:2014/10/14 11:56:24
マウスの接続方法には、一般的に PS2 (ピーエスツー)、USB (ユーエスビー)、ワイヤレスの 3 種類があります。

1. PS2(ピーエスツー)マウス

PS2 (ピーエスツー) とは、主にマウスやキーボードなどの周辺機器をコンピュータに接続する規格のことです。端子部分が丸くなっていて、コンピュータ本体のPS2の接続端子に差し込むことで利用が可能になります。

ただし、PS2マウスは電源が入っている状態で抜き差しができませんので、必ずコンピュータの電源を入れる前に接続しましょう。

最近のPS2マウスの端子は緑色になっていて、コンピュータ本体のPS2マウス接続端子も同じ色をしています。パソコンの電源を入れる前に、同じ色の接続端子に差し込んでください。

2. USB(ユーエスビー)マウス

USB(ユーエスビー)とは、マウスのほかにデジタルカメラやプリンタなどの周辺機器をコンピュータに接続する規格のことです。端子部分が平らになっていて、コンピュータ本体のUSB接続端子に差し込むことで利用が可能になります。また、USBマウスはPS2マウスとは異なり、コンピュータの電源が入っている状態で抜き差しが可能です。ですから、USBマウスの接続後、コンピュータの再起動をする必要はありません。

3. ワイヤレスマウス

ワイヤレス マウスは、コードの代わりに赤外線や電波を使用して、マウスを操作することができます。まず、レシーバ(受信機)をパソコン本体に接続し、マウスに電池を入れます。レシーバとマウスとの間に障害物がないようにします。ただし、製品によって通信方法や受信機の形状が異なります。

スポンサーリンク
INDEX

コメント

▲このページのトップへ