Excelを起動してみよう

Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 このページをはてなブックマークに追加
最終更新日時:2014/02/13 21:54:31
Excel 2007を起動する方法、および画面構成について説明します。

Excelを起動するには

Windows Vistaの場合

  1. スタートボタンをクリックし、[すべてのプログラム]をポイントします。
  2. すべてのプログラムが表示されるので、[Microsoft Office]フォルダをクリックして、[Microsoft Office Excel 2007]をクリックします。
  3. Excelが起動しました。

Windows XPの場合

  1. [スタート]ボタンをクリックし、スタートメニューより[すべてのプログラム]をクリックします。
  2. [Microsoft Office]をポイントし、[Microsoft Office Excel 2007]をクリックします。

Excelの画面構成について

Excelの画面構成は以下の通りです。

Excel 2007の画面構成
Excel 2007の画面構成
OfficeボタンOffice共通のメニューを表示します。
クイックアクセス
ツールバー
よく利用するコマンドのボタンが並ぶツールバーです。初期設定では、[上書き保存][元に戻す][やり直し]の3つのボタンが表示されています。
タイトルバーアプリケーションの名前とファイル名が表示されます。
名前ボックス数式バーの左隣にあり、選択したセル範囲、グラフ要素、または描画オブジェクトの名前やセル参照などを表示します。
[関数の挿入]
ボタン
[関数の挿入]ダイアログボックスを使って計算・編集などをしたい場合に使用します。
数式バー数式を表示するバーです。
全セル選択
ボタン
開いているシートのすべてのセルを選択します。
シートタブシートを切り替えます。
ステータスバー現在の状態を表します。
表示選択
ショートカット
標準、ページレイアウト、改ページプレビューそれぞれに切り替えたい場合に利用します。起動時は[標準]が選択されています。
ズーム画面表示の倍率を示します。
ズーム スライダ画面表示の拡大・縮小を微調整したいときにこのスライダを左右にドラッグします。

次のセクション

INDEX

コメント

▲このページのトップへ