日付から曜日を求めるには

タイムシートの作成 (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日時:2014/08/14 19:53:27
日付セルの隣に曜日を求めるには、TEXT関数を利用します。

はじめに

日付が入ったセルの隣にそれに対応する曜日を求めるには、TEXT関数を利用します。表示形式には”(ダブルクォーテーション)で括ります。

=TEXT(値,表示形式)

曜日にまつわる表示形式は以下の通りです。

表示形式セル表示概要
aaa日本語 (省略して表示)
aaaa月曜日日本語 (すべてを表示)
dddMon英語 (省略して表示)
ddddMonday英語 (すべてを表示)
 ABCDEFGHIJ
1月日曜日開始時刻終了時刻休憩時間勤務時間時間内時間外時間内支給額時間外支給額
23月1日 9:0018:151:00     
33月2日 9:0020:301:00     
43月3日 9:0017:001:00     
53月4日         
63月5日         
73月6日         
83月7日         
93月8日         
103月9日         
113月10日         
123月11日         
133月12日         
143月13日         
153月14日         
163月15日         
17出勤日数  合計     
18時給 時間外  契約時間8:00

ここでは、日付に対応した曜日を1文字で表示する方法について説明します。

操作方法

  1. 曜日を求めるセルを選択します。
  2. [数式]タブを開き、[関数ライブラリ]の中から[文字列操作]をクリックし、[TEXT]を選択します。
  3. [関数の引数]ダイアログボックスの[値]ボックスには、日付が入ったセル(A2)を選択します。
  4. [表示形式]ボックスには"aaa"と入力して[OK]ボタンをクリックします。
  5. 日付に対応した曜日を求めることができました。
  6. 下方向に数式コピーします。
    フィルハンドルにカーソルを移動して
    下方向へドラッグ
  7. すべての曜日が求められました。
スポンサーリンク
INDEX

コメント

▲このページのトップへ