vCard形式のアドレス帳の文字化けに対処するには

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日時:2014/08/26 00:38:27
 vCard形式でインポートされたアドレス帳をOutlookで開くと文字化けになる場合、その文字コードをシフトJISに変換することで対処できます。

はじめに

vCard形式のアドレス帳を開くと、Outlookでは以下のように文字化けしてしまいます。

vCardのアドレス帳の文字コードはUTF-8です。しかし、日本語が含まれたアドレス帳データをOutlookの日本語版で開くと、シフトJISだと勘違いして文字化けしてしまいます。

そのvCardをシフトJISに変換すると問題解決します。

ここでは、Windows標準についている「メモ帳」を使ってシフトJISに変換してみましょう。ちなみに、メモ帳での「ANSI」は「シフトJIS」の国際規格名です。「JISコード」には半角コードと共存する上で問題点があったため、ANSIコードを「Shift-JIS」として採用されました。

操作方法

  1. メモ帳を起動します。
  2. シフトJISに変換したいvCardファイルをメモ帳のウィンドウにドラッグ&ドロップします。
  3. [ファイル]メニューの[名前を付けて保存]をクリックします。
  4. [ファイルの種類]ボックスから[すべてのファイル]を選択します。
  5. [ファイル名]ボックスに、vCardの拡張子(.vcf)付きで入力します。
  6. [文字コード]ボックス一覧から[ANSI]を選択します。
  7. [保存]ボタンをクリックします。
  8. 文字化けが解消されました。
スポンサーリンク
INDEX

コメント

▲このページのトップへ