コメントやフォームの入力だけ編集許可するには

編集の制限
このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日時:2014/10/18 11:55:40
[校閲]タブを開き、[保護]グループの[編集の制限]を選択して、[書式設定と編集の制限]作業ウィンドウの[編集の制限]の[ユーザーに許可する編集の種類を指定する]のチェックボックスをオンにし、[編集の制限]ボックス一覧から許可したい要素を選択します。

はじめに

編集が制限できる種類は以下の4通りです。

  • 変更履歴
  • コメント
  • フォームへの入力
  • 変更不可(読み取り専用)

ここでは、フォームへの入力だけ編集許可するように編集を制限してみましょう。なお、パスワードは設定しません。

フォームの入力だけ編集許可する

  1. [校閲]タブを開きます。
  2. [保護]グループの[編集の制限]をクリックします。
    編集の制限:ドキュメントの特定部分の編集と書式設定方法を制限します。書式が変更されるのを防いだり、すべての変更内容を記録したり、コメントだけを有効にしたりできます。
  3. [書式設定と編集の制限]作業ウィンドウの[編集の制限]の[ユーザーに許可する編集の種類を指定する]のチェックボックスをオンにします。
  4. [編集の制限]ボックス一覧から[フォームの入力]を選択します。
  5. [はい、保護を開始します]ボタンをクリックします。
    [書式設定と編集の制限]作業ウィンドウ
  6. [保護の開始]ダイアログボックスが開いたら、パスワードを指定する場合はパスワードを入力します。パスワードを指定しない場合はそのまま[OK]ボタンをクリックします。
    [保護の開始]ダイアログボックス
  7. フォームの入力だけ編集許可になりました。
スポンサーリンク
INDEX

コメント

▲このページのトップへ