www.wanichan.com

ピボットテーブルを作成するには

ピボットテーブルの作成と修正
最終更新日時:2021/04/16 14:58:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複雑なデータをピボットテーブルに簡単に配置し、集計するには、表内のセルを選択して[データ]メニューの[ピボットテーブルで集計]を選択するか、[挿入]タブの[テーブル]グループの[ピボットテーブル]をクリックして、分析するデータとピボットテーブルの作成先を指定し、[ピボットテーブルのフィールド]ウィンドウにてエリア間でフィールド名をドラッグしていきます。

はじめに

大量のレポートデータをさまざまな角度から集計したり分析したりするには、ピボットテーブルを利用するとよいでしょう。サンプルファイルには、2015年の売上データが含まれています。それぞれ、商品カテゴリに分類されて、日付、デバイス、商品名、単価や数量、そして売上金額などが含まれています。

ピボットテーブルの各要素の名称は次の通りです。

 

  1. レポートフィルターエリア
    このエリアに配置される項目からデータを絞り込んで集計します。
  2. 行ラベルエリア
    このエリアに配置される項目のデータを行単位で表示します。
  3. 列ラベルエリア
    このエリアに配置される項目のデータを列単位で表示します。
  4. 値エリア
    このエリアに配置される項目のデータを集計します。

ここでは、以下のピボットテーブルを作成してみましょう。

分析するデータ セル範囲【A1:J298】
配置する場所 新規ワークシート
行ラベルエリア カテゴリー
列ラベルエリア 日付
値ラベルエリア 売上高
レポートフィルターエリア デバイス

ピボットテーブルの作成

  1. セル範囲内にカーソルを移動して、[挿入]タブを開き、[テーブル]グループの[ピボットテーブル]をクリックします。
  2. [ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスの[分析するデータを選択してください]より[テーブルまたは範囲を選択]を選択します。
  3. [テーブル/範囲]には[テーブル2]と表示されていることを確認します。
  4. [ピボットテーブルレポートを配置する場所を選択してください]より[新規ワークシート]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
  5. [ピボットテーブルのフィールド]作業ウィンドウの[フィールド名]一覧より[売上高]のチェックを付けると[値]ボックスに登録されます。もしくは[値]ボックスにドラッグします。
  6. [フィールド名]一覧から[カテゴリー]を[行]のボックスにドラッグします。
  7. [日付]を[列]のボックスにドラッグします。
  8. [デバイス]を[フィルター]のボックスにドラッグします。
  9. [売上高]を[値]のボックスにドラッグします。
  10. [デバイス]を[フィルター]のボックスにドラッグします。

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.43

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ