www.wanichan.com

wanichan's office 365

見出しスタイルを変更するには

スタイルの管理
最終更新日時:2019/07/05 15:19:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word for Mac の既定のテーマの見出しのフォントは 見出し4 と 見出し6 を除いて 游ゴシック Light になりました。文字の大きさは見出し1が12ポイント、それ以外は標準スタイル(游明朝 Regular)と同じ10.5ポイント、見出し4と見出し6が標準スタイルに太字が適用されています。対象となる見出しレベルのスタイルを右クリックしてショートカットメニューより[変更]をクリックし、[スタイルの変更]ダイアログボックスで変更できます。

はじめに

Word for Macの既定の見出しのフォントは 見出し4 と 見出し6 を除いて 游ゴシック Light になりました。これは、従来のMSゴシックよりも細いフォントとなります。文字の大きさは見出し1は12ポイント、見出し2以下は標準スタイルと同じ10.5ポイント、見出し4と見出し6が標準スタイルに太字が適用されています。さらに、見出し3~4は左インデント4文字、見出し5以下のレベルでは左インデント8文字が設定されています(なぜ見出し4と見出し6だけが游明朝の太字なのか謎ですが)。

文書内の見出しは文書の整理、とりわけ、目次を作成するのにとても重要な役割を果たします。既定の見出しスタイルが謎だらけなので、これからスタイルを調整していきましょう。

見出し1をメイリオの16ポイントにしてみる

  1. 見出し1を右クリックしてショートカットメニューより[スタイルの変更]を選択します。
  2. [スタイルの変更]ダイアログボックスで、フォント一覧から[メイリオ]、フォントサイズを「16」にして[OK]ボタンをクリックします。
  3. 見出し1のフォントが変更されました。

見出しのインデントを解除する

  1. 見出し3以下のスタイルを右クリックしてショートカットメニューより[スタイルの変更]をクリックします。
  2. [スタイルの変更]ダイアログボックスの[書式]ボタンをクリックして、一覧から[段落]を選択します。
  3. 左インデントを0字にして[OK]ボタンをクリックします。

※執筆環境:Microsoft Word for Mac バージョン 16.25

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ