www.wanichan.com

サイトの標準のページのエンコードを設定するには

Section 3 サイトリストの管理とサイト設定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
既定ではサイトの標準のページのエンコードは「UTF-8」になっています。これを「Shift-JIS」など、異なるエンコードに設定する方法について説明します。

はじめに

Expression Webでの既定の標準ページエンコードはUTF-8です。すなわち、Webページの新規作成時に、以下のメタタグが挿入され、そのエンコードに基づいたドキュメントが作成されます。

<meta content="text/html; charset=utf-8" http-equiv="Content-Type" />

UTF-8では具合が悪い場合、シフトJISにしたい場合は、エンコードの設定をシフトJISにするとよいでしょう。

ここでは、ページの新規作成時に標準のページエンコードを「シフトJIS」に変更する方法について説明します。

標準のページエンコードを設定する

  1. [サイト]メニューの[サイト設定]をクリックします。
  2. [サイトの設定]ダイアログボックスの[詳細]タブを開きます。
  3. [標準のページエンコード]ボックスの一覧から[日本語(シフトJIS)]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
  4. Webページを新規作成すると、ページのエンコードがシフトJISに変わりました。

備考

Expression Web で標準のページ エンコードとキーボードの設定が一致するかどうかのチェックをしない場合は、[新しいページのエンコード決定時にキーボードの設定を無視する]チェック ボックスをオンにします。

関連記事

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ