見出しの部分を固定するには

効果的なデータ入力の設定 (2)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日時:2014/07/27 23:44:43
スクロールしても見出しだけを常に表示するようにするには、ウィンドウ枠の固定を行います。Excel 2007からウィンドウ枠の固定オプションに[先頭行の固定]、[先頭列の固定]も選択できるようになりました。

先頭行の固定をするには

先頭行が見出しで、2行目以降がデータになっている場合は、ウィンドウ枠の固定の種類から「先頭行の固定」を選択するとOKです。

  1. データ範囲内にカーソルを移動します。
  2. [表示]タブを開き、[ウィンドウ枠の固定]をクリックして[先頭行の固定]をクリックします。
  3. 下にスクロールすると、ワークシートの先頭行を表示したままで、他の部分がスクロールされました。
 

先頭列の固定をするには

ワークシートの最初の列を表示したままで、他の部分をスクロールするように設定するには、[ウィンドウ枠の固定]のなかから[先頭列の固定]をクリックします。

ウィンドウ枠の固定をするには

固定する部分が先頭行または最初の列だけではない場合は、従来のウィンドウ枠の固定を選択します。

  1. 見出し部分の内側、スクロールしたい範囲の最初のセルを選択します。たとえば、2行目までが行見出し、3列目までが列見出しの場合は、その内側の最初のセル、D3セルを選択します。
     ABCDEFGHIJ
    1出席簿
    2生徒コード氏名性別1日2日3日4日5日6日7日
    31001ビル・ゲイツ       
  2. [表示]タブを開き、[ウィンドウ枠の固定]をクリックして[ウィンドウ枠の固定]をクリックします。
スポンサーリンク
INDEX

コメント

▲このページのトップへ