郵便番号変換ウィザードをインストールするには

データの加工 (2)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日時:2014/07/22 16:21:52
郵便番号変換ウィザードをインストールすることで、住所から郵便番号、または郵便番号から住所を入力ができるようになります。

郵便番号変換ウィザードのダウンロード

郵便番号変換ウィザードは Excelにはあらかじめ組み込まれていません。郵便番号変換ウィザードを利用するには、CodePlexサイトからアドインをダウンロードする必要があります。ダウンロード先はデスクトップに指定したほうがわかりやすいでしょう。

また、最新の郵便番号辞書もインストールしておいてください。

ブロック解除をお忘れなく!

郵便番号変換ウィザードのアドインファイルをダウンロードすると、そのファイルが実行されないようにブロックされていたりします。ダウンロードした zipcode7.xla ファイルを右クリックしてショートカットメニューより[プロパティ]を選択し、[ブロックの解除]ボタンを押して[OK]ボタンを押しておきましょう。

アドインをインストールする

ハードディスクにダウンロードした zipcode7.xla を以下の場所へコピーします。スタートメニューの[プログラムとファイルの検索]ボックスに以下のパスを入力してEnterキーを押すと、Libraryフォルダが開きます。

%Program Files%\Microsoft Office\Office14\Library

64ビット版のWindowsの場合は、以下のパスを[プログラムとファイルの検索]ボックスに入力します。

%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Office\Office14\Library

もし、以下のメッセージが表示されたら、[続行]ボタンをクリックします。

対象フォルダーへのアクセスは拒否されました。
↓

アドインを有効にする

  1. [ファイル]タブをクリックし、[オプション]をクリックします。
  2. [Excelのオプション]ダイアログボックスの[アドイン]を選択し、[設定]ボタンをクリックします。
  3. [アドイン]ダイアログボックスに[郵便番号変換ウィザード]にチェックをつけて[OK]ボタンをクリックします。

備考

「郵便番号変換エンジンが見つかりません」と表示されてうまくできない場合は、Office郵便番号辞書が最新でない可能性があります。Microsoftダウンロードセンター から、検索ボックスに「Office 郵便番号辞書」と入力して検索を行い、表示される最新のバージョンのOffice郵便番号辞書を選択してインストールしておいてください。
※リンク先が古い場合はお手数ですが管理人に報告していただければ助かります。

INDEX

コメント

▲このページのトップへ