住所から郵便番号を入力するには

データの加工 (3)
Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 このページをはてなブックマークに追加
最終更新日時:2014/02/13 21:54:34
郵便番号変換ウィザードを利用すると、簡単に住所から郵便番号を求められます。

はじめに

住所から郵便番号を求めるには、郵便番号変換ウィザードをあらかじめインストールしておく必要があります。これはExcel 2010にはじめから入っているものではないので、ダウンロードしてアドインをインストールしておいてください。詳細は前記事『郵便番号変換ウィザードをインストールするには』を参照してください。

住所から郵便番号を求める

  1. [アドイン]タブを開き、[ウィザード]をクリックして[郵便番号変換]をクリックします。
  2. [郵便番号変換ウィザード ステップ - 1/3]で、[住所から郵便番号を生成する]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。
  3. [住所データのセル範囲]には、住所が入ったセル範囲(E2:E17)を選択します。
  4. [郵便番号を出力するセル範囲]には、郵便番号を出力先のセル範囲(D2:D17)を指定します。
  5. [種類]には[7桁の郵便番号]を選択します。
  6. [書式]には[文字列]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。
  7. 郵便番号変換中のエラーや警告メッセージの出力方法は[コメントに出力する]を選択して[完了]ボタンをクリックします。
  8. 住所が不完全なE11セルにコメントがつけられ、あとは正常に郵便番号に変換されました。
     
INDEX

コメント

▲このページのトップへ