www.wanichan.com

Web > FrontPage > FrontPage 2003 (初級編) > 入門・準備編

ツールバーについて

入門・準備編

標準ツールバーについて

図:標準ツールバー

図:新しい標準ページの作成新しい標準ページの作成新規HTMLファイルを作成します。
右の▼ボタンを押すと、新規Webサイト等の作成の指定も可能です。
図:開く開く既存のHTMLファイルを開きます。
右の▼ボタンを押すと、既存のWebサイトを開くように指定することもできます。
図:上書き保存上書き保存編集中のファイルを保存します。
図:検索検索検索と置換画面が表示されます。
図:サイトの発行サイトの発行作成・更新したサイトを発行します。
FrontPageに対応したWWWサーバーであればOKです。
図:ウィンドウの切り替えウィンドウの切り替え左側のペインに表示させるウィンドウを切り替えます。
▼印をクリックすると、フォルダ一覧/ナビゲーションウィンドウの切り替えができます。
図:印刷印刷作業中のWebページを印刷します。
図:ブラウザでプレビューブラウザでプレビュー編集中のWebページをブラウザでプレビューします。
2003バージョンより、複数のブラウザをプレビューすることができるようになりました。
図:スペルチェックスペルチェック単語のスペルチェックをしてくれます
図:切り取り切り取り選択した範囲を切り取ります。
図:コピーコピー選択した部分をコピーします。
図:貼り付け貼り付け任意の場所を切り取ったもの、あるいはコピーされたものを貼り付けます。
図:書式のコピー/貼り付け書式のコピー/貼り付けコピーしたい書式(文字列ではないよ)をコピーして、任意の文字列に貼り付けることができます。つまり、同じ書式(スタイル)にすることができます・・・わかるかな?
図:元に戻す元に戻す直前の操作に戻します。
図:やり直しやり直し元に戻した処理を取り消してやり直します
図:WebコンポーネントWebコンポーネントダイナミック効果、インタラクティブボタン、Flashムービーの挿入などのWebコンポーネントを挿入します。
図:表の挿入表の挿入行数・列数を指定して挿入することができます。
図:レイヤーの挿入レイヤーの挿入レイヤーを挿入します。(FrontPage 2003からの新機能)
図:図をファイルから挿入図をファイルから挿入画像ファイルを挿入します。
図:図形描画図形描画図形描画ツールバーを表示させます。
図:ハイパーリンクの挿入ハイパーリンクの挿入ハイパーリンクを挿入します。
図:最新の情報に更新最新の情報に更新そのまんまです(^^;
図:中止中止読み込み・更新を中止します。
図:すべて表示すべて表示編集記号(改行・タブ・段落)をすべて表示させたい場合に押します
・・・私は使いませんけど(^^;
図:レイヤーアンカーの表示レイヤーアンカーの表示レイヤーのアンカーを表示します(FrontPage 2003からの新機能)
図:Microsoft Office FrontPageのヘルプMicrosoft Office FrontPageのヘルプ困ったときに助けてくれます。

▲Page TOP

書式設定ツールバーについて

図:書式設定ツールバー

図:スタイルスタイル選択した段落に適応するスタイルを設定します。
図:フォントフォントフォントの種類を設定します。
図:フォントサイズフォントサイズフォントの大きさを調節します。
図:太字太字選択した文字を太字にします。
図:斜体斜体選択した文字を斜体にします。
図:下線下線選択した文字にアンダーラインをつけます。
図:左寄せ左寄せ選択された段落を左寄せにします。
図:中央揃え中央揃え選択された段落をセンタリングします。
図:右寄せ右寄せ選択された段落を右寄せにします。
図:両端揃え両端揃え左右両端を揃えます。Wordではおなじみですね。
図:フォントサイズの拡大フォントサイズの拡大フォントサイズが1ランク大きくなります。
<font size="3">→<font size="4">
図:フォントサイズの縮小フォントサイズの縮小フォントサイズが1ランク小さくなります。
<font size="3">→<font size="2">
※ただし標準フォントサイズとしてスタイルシートを使っている場合は使えません
図:段落記号段落番号番号つきリストを作成します。
図:箇条書き箇条書き記号つきリストを作成します。
図:インデント解除インデント解除設定されているインデントを解除します。
図:インデントインデント段落をインデントします。
図:罫線罫線段落に外枠などを作ります。
▼をクリックすると、一覧から水平線も挿入できます。
図:蛍光ペン蛍光ペン初期値は黄色です。右横の▼を選択して好きな色を選んで任意の文字列にマーキングをすることができます。
図:フォントの色フォントの色初期値は自動(黒)です。右横の▼を選択して好きな色を選択後、任意の文字列のフォントの色を変更することができます。

▲Page TOP

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題は解決しましたか?

操作方法、設定方法等で困ったら、Google+コミュニティ Expression Web Users Group Japan に投稿してください!

2012年12月21日(日本時間)をもって、Expression Web 4はフリーソフトになりました。FrontPageユーザーの方もダウンロードして使ってみてください。 なお、Expression Web 4すでに購入された方も、問題が修正された無料版にアップグレードすることをお勧めします。

* Expression Web 4 無料版をダウンロード

▲このページのトップへ