www.wanichan.com

wanichan's office 365

OneNote for iPhone とは

Section 1 OneNote for iPhoneの導入
最終更新日時:2018/10/28 10:39:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OneNote は、iPhone やその他の多くのデバイスで無料で利用できます。Microsoft アカウントや、職場または学校に割り当てられたアカウントが必要です。バージョン16.0からすべてのデバイスでデザインが統一され、Web、モバイル、デスクトップ間で一貫性のあるナビゲーションになりました。OneNote for iPhoneの場合、画面が小さいため、ノートブック、セクション、ページ一覧と個々のページが別々の画面に分かれています。

効率的なナビゲーション

Web、OneNoteのWindowsアプリ、OneNote 2016 for Mac および OneNote for iPadはすべて一貫性のあるナビゲーションに統一されています。ただし、OneNote 2016だけ別です。

OneNote の Windows アプリ
OneNote for iPad

OneNote for iPhoneの場合、画面が小さいため、ページ一覧と個々のページが別々の画面に分かれています。ページ一覧から目的のページを選択することで、そのページを表示できます。

↓

OneNote 2016 for Mac もこの通り。ナビゲーションがiPad版に似ていますね。

OneNote 2016 for Mac

ノートはクラウドで同期

ノートはクラウド (OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint) と同期され、お店で iPhone からレシピのメモに簡単にアクセスし、講義で Mac から宿題にアクセスし、旅行中に iPad から旅程にアクセスできます。ただし、Microsoft アカウントや、職場または学校に割り当てられたアカウントが必要です。

私の場合、Google ChromeにOneNote Web Clipperという拡張機能をインストールして英会話レッスンネタに使う記事をクリップし、iPad mini 3やiPod touchでそのクリップした情報を閲覧し、スタバ等で記事をまとめています。外出先でわざわざパソコンを開くよりモバイルの方が断然使いやすいです。

※執筆環境:OneNote for iPhone バージョン 16.0

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ