www.wanichan.com

Web > FrontPage > FrontPage 2000 > グラフィックスの使用

画像ツールバーの活用

画像ツールバーを表示するには?

画像ツールバーを使うと、ボタン一つでいろいろ出来るのでかなり便利です。
常に表示させておくと良いでしょう。

ちなみに、画像ツールバーを表示させるには、メニューバーより[表示]→[ツールバー]のリストの中から「画像」にチェックをつけてください。

注意:画像加工ソフトをFrontPageに登録しよう

画像を加工するためのエディタを設定していない場合は、
画像を明るくしたり、コントラストを調整、トリミングなどの作業ができなくなります。
拡張子gif、png、jpgを使いたい画像加工用ソフトを設定してください。
→エディタの設定方法についての詳細はこちら!

▲Page TOP

画像ツールバーについて

画像ツールバーを使うと、画像編集ソフトを使用しなくてもほとんどのことが間に合います(たぶん)。
画像ツールバー

図をファイルから挿入(図をファイルから挿入)ハードディスク内に保存されている画像を挿入します
テキスト(テキスト)画像上に文字を書くことができます。
オートサムネイル(オートサムネイル)自動的にサムネイル(見本画像)が作成され、そのサムネイルは元画像へリンクされます。
絶対配置(絶対配置)好きなところに配置させたい画像を選択してからこのボタンを押すと、マウス操作でその画像を自由に配置指定ができます。
ただし、その画像の座標が固定されるため、ウィンドウの大きさによってはレイアウトが崩れる場合がありますので注意しましょう。
前面へ移動(前面へ移動)前面へ移動します。
背面へ移動(背面へ移動)背面へ移動します。
左に回転(左に回転)左90度に回転します。
右に回転(右に回転)右90度に回転します。
左右反転(左右反転)左右反転します。
上下反転(上下反転)上下反転します。
コントラストを上げる(コントラストを上げる)コントラスト(色合い)を上げたいときに使います。
コントラストを下げる(コントラストを下げる)コントラスト(色合い)を下げたいときに使います。
明るさを上げる(明るさを上げる)画像を明るくしたいときに使います。
明るさを下げる(明るさを下げる)画像を暗くしたいときに使います。
トリミング(トリミング)まずこのボタンを押して、トリミングしたい部分をマウスで指定したあと、再度このボタンを押すと、その部分だけがトリミングされます。
透明な色に設定(透明な色に設定)透明な色にしたい部分をクリックすると透明色になります。
白黒(白黒)モノクロ画像にしたいときに使います。
色を薄くする(色を薄くする)色を薄くしたいときに使います。
傾斜(傾斜)画像の周りに傾斜をつけたいときに使います。
リサンプル(リサンプル)サイズを変更したいときに使います。
選択(選択)画像を選択します。
矩形のホットスポット(矩形のホットスポット)画像の一部分にハイパーリンクを設定したいときに使います。(矩形)
このボタンを押して、設定したい部分上にマウスで指定すると、ハイパーリンクの作成画面になります。
円形のホットスポット(円形のホットスポット)画像の一部分にハイパーリンクを設定したいときに使います。(円形)
このボタンを押して、設定したい部分上にマウスで指定すると、ハイパーリンクの作成画面になります。
多角形のホットスポット(多角形のホットスポット)画像の一部分にハイパーリンクを設定したいときに使います。(多角形)
このボタンを押して、設定したい部分上にマウスで指定すると、ハイパーリンクの作成画面になります。
ホットスポットの強調表示(ホットスポットの強調表示)ホットスポットが設定されている部分を強調表示します。
復元(復元)画像を復元します。

▲Page TOP

オートサムネイルを使いたい!

デジカメの写真をギャラリーとしてホームページ上で公開する際、ネットサーファーの立場を考えて
とりあえず「見本画像」、つまり、サムネイル表示にさせて、見たい画像をクリックすると、実寸画像を確認できる・・・
このような編集はFrontPage 2000では簡単にできます。

私も結構使っています。これはかなりラクです。手順は次の通りです。

  1. 予めデジカメ画像をWebフォルダ内に入れておく
  2. フォルダ一覧を表示させた状態で、フォルダ一覧の中からデジカメ画像をドラッグ&ドロップして、次の画像を入れる前に改行しておく
    この繰り返しをWebページに貼り付けたいだけ貼り付ける
  3. 一つずつ画像を選択してからオートサムネイル(オートサムネイル)ボタンを押していく
  4. 最後にHTMLファイルの保存をする際に、自動的に作られたサムネイル画像を保存するダイアログボックスが表示されるので、迷わず「保存」をする

なお、サムネイルのサイズやデザインは設定変更することができます。
メニューバーより[ツール]→[ページオプション]を選択してください。

すると、ページオプションの画面が表示されました。
「オートサムネイル」のタブをクリックして開いてください。
全てのサムネイルは何を基準にサイズを設定するかを指定することができます。
下の図では、「全てのサムネイルは高さを120ピクセルに揃え、外枠の太さは2ピクセル」となります。
ページオプション
最後にOKボタンを押してください。

ワンポイント:外枠の太さと色の変更

外枠を表示させたくない場合は[外枠の太さ]の左横チェックボックスのチェックを外してOKボタンをクリックします。
なお、外枠の色は、ハイパーリンクの色に依存します(HTMLタグでは<body>タグ内のlink属性)。
[書式]→[背景]をクリックして、ハイパーリンクの色を指定します。
初期値は青色になっていますので、指定したい色に変更しておいてください。

▲Page TOP

画像の一部にハイパーリンク(イメージマップ)を作るには?

FrontPage 2000では、画像の一部にハイパーリンク(イメージマップ)を簡単に作成することができます。
私は使わないのですが、使う方もいらっしゃいますので、ご紹介させていただいます。

まず、画像を貼り付けます。
そして、リンクさせたい部分にハイパーリンクを作成します。
画像ツールバーの矩形のホットスポット(矩形のホットスポット)をクリックすると、四角形範囲でハイパーリンクを作成できます。
また、円形のホットスポット(円形のホットスポット)は円形、多角形のホットスポット(多角形のホットスポット)では多角形範囲のハイパーリンクを作成することができます。

3パターンのホットスポットの中から、あなたの指定したいホットスポットボタンをクリックして、リンクさせたい範囲をマウスでドラッグして指定してください。

すると、ハイパーリンクの作成画面になりますので、リンク先を指定してください。

ちなみに、HTMLタグではこのようになります。
イメージマップは<map>タグで始まり、終わりは</map>で閉じます。

円形のホットスポット
<area shape="circle" coords="X1,Y1,R" href="リンク先のファイルへのパス">
→円心部分が座標位置(X1,Y1)となり、Rは半径の長さです。
矩形のホットスポット
<area shape="rect" coords="X1,Y1,X2,Y2" href="リンク先のファイルへのパス">
→X1,Y1は左上角の座標位置、X2,Y2は右下角の座標位置です。
多角形のホットスポット
<area shape="POLY" coords="X1,Y1,X2,Y2,X3,Y3,..." href="リンク先のファイルへのパス">
角の座標すべてをcoords属性で指定します。角の数だけ座標位置で指定する仕組みです。

▲Page TOP

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題は解決しましたか?

操作方法、設定方法等で困ったら、Google+コミュニティ Expression Web Users Group Japan に投稿してください!

2012年12月21日(日本時間)をもって、Expression Web 4はフリーソフトになりました。FrontPageユーザーの方もダウンロードして使ってみてください。 なお、Expression Web 4すでに購入された方も、問題が修正された無料版にアップグレードすることをお勧めします。

* Expression Web 4 無料版をダウンロード

▲このページのトップへ