www.wanichan.com

wanichan's office 365

文字列を表に変換するには

表の挿入
最終更新日時:2019/08/22 15:16:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンマやタブ、その他決まった区切り文字がある文字列を表に変換することができます。表に変換したい文字列を指定して、[表]メニューの[変換]をポイントして[文字列を表にする]を選択するか、[挿入]タブを開き、[表]をクリックして[文字列を表にする]を選択します。その際、列幅や表の幅の調整方法を指定することができます。

はじめに

カンマやタブ区切りの文字列は表に変換できます。その他、決まった区切り文字がある場合も実現できます。

ここでは、サンプルファイル内のタブ区切りの文字列を選択して、列幅が文字列の幅に自動調整される表に変換する方法について説明します。

操作方法

  1. 「旅行日程」の下の8行を範囲選択します。
  2. [表]メニューの[変換]をポイントして[文字列を表にする]を選択するか、[挿入]タブを開き、[表]をクリックして[文字列を表にする]を選択します。
  3. [文字列を表にする]ダイアログボックスの[表のサイズ]の[列数]ボックスに[3]が設定されていることを確認します。
  4. [自動調整のオプション]は[文字列の幅に合わせる]を選択します。
  5. [文字列の区切り]には[タブ]が選択されていることを確認します。
  6. [OK]ボタンをクリックします。
  7. 文字列が表に変換されました。

※執筆環境:Microsoft Word for Mac バージョン 16.25

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ