www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

タスクとしてノートシールを付けるには

ノートシールの操作
最終更新日時: 2013/07/16 11:17:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OneNote 2013でクリックするとチェックマークが付けられる、タスクタイプのノートシールは「タスク」「相談A」「相談B」「上司と相談」「会議を設定」「折り返し電話」「タスク(優先度1)」「タスク(優先度2)」「顧客からの依頼」です。単純にタスクとしてノートシールを付けるには、[ホーム]タブの[タスク ノートシール]を選択するとOKです。「タスク ノートシール]の既定のショートカットキーはCtrl+1(テンキーではなくフルキーボード上の1)です。

[タスク(優先度1)]ノートシールを挿入する

  1. ノートシールを挿入したい場所にカーソルを移動します。
  2. [ホーム]タブを開き、[ノートシール]グループから挿入したいタスクタイプのノートシールを選択します。
  3. ノートシールが挿入されました。

タスクノートシールを付ける

  1. ノートシールを挿入したい場所にカーソルを移動します。
  2. [ホーム]タブを開き、[ノートシール]グループから[タスク ノートシール]をクリックします。
  3. タスクノートシールが挿入されました。

タスクを完了する

  1. チェックを付けたいタスクノートシールをクリックします。
  2. チェックが付けられました。

タスクを未完了にする

  1. チェックを外したいタスクノートシールをクリックします。
  2. チェックが外されました。
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ