www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

Outlookタスクをノートに追加するには

ノートシールの操作
最終更新日時: 2013/07/17 13:24:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どちらを見ても正しいタスクが確認できるように、OneNote 2013とOutlook 2013にはタスクが常に同じ状態で表示されるようにするには、Outlookタスクをノートに追加するとよいでしょう。[ホーム]タブを開き、[ノートシール]グループの[Outlookタスク]をクリックして、タスクの期限を指定し、タスクの内容を入力します。

日付なしのOneNoteタスクをノートに追加する

  1. [ホーム]タブを開き、[ノートシール]グループの[Outlookタスク]をクリックします。
  2. 一覧から[日付なし]を選択します。
  3. 日付なしのOutlookタスクがノートに追加されました。

ユーザー設定のOneNoteタスクをノートに追加する

  1. 定期的アイテムにしたい場合や、期限の日付を独自指定するには、[ユーザー設定]を選択します。
  2. Outlookタスクウィンドウが開き、Outlookタスクを作成することができます。

備考

OneNoteからOutlookタスクを追加すると、Outlook側にOneNoteへリンクされます。該当するタスクを右クリックして、ショートカットメニューより[OneNote]を選択すると、OneNoteに移動します。

Outlookタスクの操作方法については、当サイトの『Outlook 2013』コーナーの『タスクを作成する、操作する』を参照してください。

次のセクション

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ