www.wanichan.com

Outlookデータファイルをバックアップするには

Outlook 2010のカスタマイズ
最終更新日時:2013/08/19 11:58:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいPCに買い替えたり、パソコンの調子が悪くてリカバリを行う前にこれまでのOutlookデータをバックアップするには、エクスポート機能を利用するか、そのファイルの場所を開いて直接バックアップ先にコピーする方法の2通りあります。ここでは、エクスポート機能を利用してOutlookデータファイルをバックアップする方法について説明します。

はじめに

今まで使ってきたPCを新しいPCに買い替える際に、Outlookデータファイルを移行したり、不測の事態に備えたりするには、まず、そのOutlookデータファイルをバックアップする必要があります。

従来のOutlookデータファイルはたいてい以下の場所にあります。

%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Outlook

そのOutlookデータファイルがPSTファイル形式であれば、そのOutlookデータファイルにはメールに限らず、予定表、連絡先などすべてのデータが1つのファイルに集約されています。従来のOutlook ExpressやWindowsメールではそれぞれ単独で存在しているのに対し、Outlookは一つのファイルだけバックアップするだけでOKです。

なお、PSTファイル形式ではない場合はサーバーに保存されているので、バックアップしなくてもたぶんOKです。

デスクトップ上にOutlookデータファイルをエクスポートする

  1. [ファイル]タブを開きます。
  2. [開く]タブを開き、[インポート]をクリックします。
  3. [ファイルへエクスポート]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。
  4. [Outlook データ ファイル (.pst)]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。
  5. [エクスポートするフォルダー]で、エクスポートしたいOutlookデータファイルを選択します。のアイコンがついたものは既定のOutlookデータファイルなので、それを選ぶとOKです。
  6. [サブフォルダーを含む]にチェックがついていることを確認して[次へ]ボタンをクリックします。
  7. エクスポート先を選択します。[参照]ボタンをクリックします。
  8. [デスクトップ]を選択して[OK]ボタンをクリックします。ファイル名は「backup」ですが、このファイル名は自分の好きなように変更してもかまいません。
  9. [完了]ボタンをクリックします。
  10. 下の画面が表示されたら何も入力せずに[OK]ボタンをクリックします。
  11. エクスポートが始まりました。
  12. デスクトップ上にOutlookファイルがエクスポートされたら、USBメモリなどにコピーするとOKです。
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ