www.wanichan.com

返信や転送時に元のメッセージを残さないようにするには

メッセージの自動設定コンテンツを管理する
最終更新日時:2013/08/31 16:50:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既定では、返信や転送時に元のメッセージを残すように設定されています。メールのやり取りが続くとだんだんメールのボリュームが増えていき、わずらわしく感じることもあるでしょう。この場合、Outlookのオプションの返信/転送メールの設定にてメッセージに返信するときに元のメッセージを挿入しないようにできます。

はじめに

既定では、返信や転送時に元のメッセージを残すように設定されています。転送時は問題ないと思いますが、返信時に元のメッセージを残すように設定していくと、過去のやりとりがどんどん蓄積していき、メールのボリュームがどんどん大きくなってしまいます。メールの返信や転送時に元のメッセージの取扱いパターンは以下の通りです。

  • 元のメッセージを残さない
  • 元のメッセージを添付する
  • 元のメッセージを残す(既定)
  • 元のメッセージを残し、インデントを設定する
  • 元のメッセージの行頭にインデント記号を挿入する

ここでは、メッセージに返信するときに元のメッセージを残さないように設定する方法について説明します。

メッセージに返信するときに元のメッセージを残さないように設定する

  1. [ファイル]タブをクリックします。
  2. [オプション]をクリックします。
  3. [Outlookのオプション]ダイアログボックスの[メール]タブを選択します。
  4. [返信/転送]オプションの[メッセージに返信するとき]の一覧から[元のメッセージを残さない]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
    ↓
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ