www.wanichan.com

PC > Outlook > FAQ

Outlook 2013:別のOutlookデータファイル(PSTファイル)をメール配信場所に設定するには

メンテナンス
最終更新日時:2015/05/26 16:44:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古いパソコンから新しいパソコンへの移行の際、前のパソコンで使っていたPSTファイルを新しいパソコンで引き続き使用するには、あらかじめそのPSTファイルをバックアップしてから新しいパソコンにコピーし、そのPSTファイルを開いて、データファイルの既定として設定するとOKです。

はじめに

古いパソコンから新しいパソコンへの移行の際、前のパソコンで使っていたPSTファイルを新しいパソコンで引き続き使用するには、以下の手順に従うとOKです。

  1. 前のPCに存在していたPSTファイルのバックアップ
  2. 新しいPCにPSTファイルをコピー
  3. そのPSTファイルをOutlookで開く
  4. そのPSTファイルをデータファイルの既定として設定する
  5. メールの配信場所を確認する

なお、PSTファイルのバックアップ方法については、マイクロソフトサポートサイト、『Microsoft Outlook での .pst ファイルの管理方法』を参照してください。

PSTファイルをOutlookで開く

  1. [ファイル]タブを開き、左側ペインの[開く/エクスポート]を開いて、[Outlookデータファイルを開く]を選択します。
  2. 該当するPSTファイルを選択して開きます。
    Outlook データ ファイルを開く

PSTファイルを既定のデータファイルに設定する

前項で追加したPSTファイルに予定表や連絡先データがある場合、そのPSTファイルをデータファイルの既定として設定することで、引き続き利用できるようになります。

  1. [ファイル]タブを開いて左側ペインから[情報]を開き、[アカウント設定]→[アカウント設定]をクリックします。
    アカウントを追加または削除するか、既存の接続設定を変更します。
  2. [アカウント設定]ダイアログボックスの[データファイル]タブを開き、手順1で追加したPSTファイルを選択して[既定に設定]をクリックします。
  3. 以下のメッセージが表示されたら[OK]ボタンをクリックします。
    既定のOutlook データ ファイルには、To Do バーに表示される予定表や、お気に入り、共有フォルダー、RSS フィードの設定が含まれます。メッセージの保存場所は変わりません。既定の Outlook データ ファイルを変更しますか?

関連記事

メッセージの保存場所の確認

アカウント設定ダイアログボックスの[電子メール]タブにて、メール配信場所を確認します。正しくない場合は[フォルダーの変更]ボタンをクリックして、メールをの配信場所に設定したいPSTファイルを選択します。

備考

不要なPSTファイルを閉じるには、右クリックしてショートカットメニューより[○○を閉じる]を選択するとOKです。ただし、配信場所に設定されているPSTファイルは閉じることができないので注意してください。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ