www.wanichan.com

Outlook 2010をタスクバーに表示するには

Outlook 2010の起動と初期設定
最終更新日時:2013/08/15 19:28:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起動を繰り返していくとスタートメニューにOutlook 2010が表示されますが、Windows 7ではタスクバーに表示することができます。スタートメニューのOutlook 2010を右クリックしてショートカットメニューより[タスクバーに表示する]を選択するか、起動中のOutlook 2010のタスクアイコンを右クリックして、ショートカットメニューより[タスクバーにこのプログラムを表示する]を選択します。

はじめに

Outlook 2010を繰り返して起動していくと、スタートボタンをクリックしたときにスタートメニューの一覧に表示されるようになります。

スタートボタンから呼び出すのではなく、よく使うアプリケーションをタスクバーに表示することで、クイック起動できて便利です。

スタートメニューからタスクバーに表示するように設定する

  1. スタートメニューの一覧から[Microsoft Outlook 2010]を右クリックして、ショートカットメニューより[タスクバーに表示する]を選択します。
  2. タスクバーに表示され、スタートメニューから表示が消えました。

Outlook 2010起動中にタスクバーに表示するように設定する

  1. タスクバーからOutlook 2010のタスクボタンを右クリックして、ショートカットメニューより[タスクバーにこのプログラムを表示する]を選択します。
  2. Outlook終了後もタスクバーに表示されるようになりました。
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ