www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

グラフを挿入するには

グラフの挿入と書式設定
公開日時:2016/03/20 19:13:26
最終更新日時:2020/06/29 18:59:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word 2016にも円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフなどを作成する機能が備わっています。[挿入]タブを開き、[図]グループの[グラフ]をクリックして、[グラフの挿入]ダイアログボックスから挿入したいグラフを選択します。ここでは折れ線グラフを挿入する方法について説明します。

これから作成するデータを確認しよう

Excelに限らず、Wordでも円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフなどを作成することができます。データ部分はWord文書の中にExcelのワークシートが組み込まれた形になります。

まず、グラフを作成するためのデータは以下の通りです(数値は適当です。事実とは異なります)。

携帯電話とスマートフォンの出荷台数推移と予測
スマートフォン携帯電話
2010年8,550,000 37,665,000
2011年19,860,000 40,531,000
2012年23,670,000 39,384,000
2013年27,060,000 40,570,000
2014年28,960,000 41,431,000
2015年30,560,000 41,297,000

時間とともに推移を表すグラフを作成するので、折れ線グラフが適切と言えます。

折れ線グラフを作成する

  1. 挿入したい場所にカーソルを移動します。
  2. [挿入]タブを開き、[図]グループの[グラフ]をクリックします。
  3. [グラフの挿入]ダイアログボックスの[折れ線]カテゴリより[折れ線]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
  4. Excelで「Microsoft Word 内のグラフ」が開かれました。データを入力していきます。
  5. データ範囲を調整するには、右下の」をドラッグするとOKです。
  6. 不要な列は削除します。
  7. Excelウィンドウを閉じます。
  8. このようにグラフが出来上がりました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ