www.wanichan.com

図表番号に相互参照を挿入するには

相互参照
公開日時:2016/04/02 16:48:22
最終更新日時:2019/08/22 23:55:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word 2016で図表番号の相互参照を入れたい部分を指定し、[挿入]タブの[リンク]グループの[相互参照]、もしくは[参考資料]タブの[図表]グループの[相互参照]をクリックします。

はじめに

相互参照には図表番号も利用できます。サンプルファイルには2つの図が含まれていて、それぞれ「図1」と「図2」の図表番号が存在しています。

図表番号の相互参照の文字列は、「図表番号全体」「番号とラベルのみ」「説明文のみ」「ページ番号」「上/下」から選択します。「上/下」はその図表番号を挿入する場所に対して、対象となる図表が相対的にどこに位置しているのかが表記されます。図1も図2も下に図があるのでいずれも「下の」になります。

『図1:見出しのようで実質「標準」』の場合
相互参照の文字列挿入結果
図表番号全体図1:見出しのようで実質「標準」
番号とラベルのみ図1
説明文のみ見出しのようで実質「標準」
ページ番号1
上/下下の

本文中にそれぞれの「図1」や「図2」という相互参照を挿入するには、「番号とラベルのみ」を選択するとOKです。

操作方法

  1. 17行目の「~ではスタイルが変更された…」の「~」を選択します。
  2. [参考資料]タブまたは[挿入]タブの[相互参照]をクリックします。
    見出し、図、表などの、ドキュメントの特定の位置を参照します。相互参照の形式はハイパーリンクであり、ラベルが自動的に生成されます。参照する対象に名前を付けたい場合に便利です。
  3. [相互参照]ダイアログボックスが表示されたら、[参照する項目]ボックス一覧から[図]を選択します。
  4. [相互参照の文字列]一覧から[番号とラベルのみ]を選択します。
  5. [図表番号の参照先]一覧から[図1:見出しのようで実質「標準」]を選択して[挿入]ボタンをクリックします。
  6. 一つ目の「~」が「図1」に置き換わったことを確認し、文書中の「~では同じスタイルでも」の「~」を選択します。
  7. [相互参照]ダイアログボックスの[図表番号の参照先]一覧から[図2:正しく「見出し1」として認識された見出し]を選択して[挿入]ボタンをクリックします。
  8. 二つ目の「~」が「図2」に置き換わったことを確認したら[閉じる]ボタンをクリックします。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ