www.wanichan.com

wanichan's office 365

フォントに文字飾りを適用するには

書式設定ツールの使用
最終更新日時:2016/12/12 19:10:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

選択した文字に取り消し線を付ける場合は[メッセージ]タブの[取り消し線]ボタンを利用すると簡単ですが、二重取り消し線、上付きや下付き文字などの文字飾りを適用するには[フォント]ダイアログボックスの[文字飾り]オプションにて、適用したい文字飾りにチェックを付けます。

はじめに

[メッセージ]タブに用意されている文字飾りは取り消し線のみですが、Outlook 2016 for MacでのHTMLメールメッセージにてサポートされている文字飾りは以下の通りです。

  • 取り消し線
  • 二重取り消し線
  • 上付き
  • 下付き
  • 小型英大文字
  • すべて大文字
  • 非表示

非表示にすると、実際にはメッセージ本文コードには存在したままですがコメント扱いとなります。

選択した文字列に取り消し線を引く

  1. 取り消し線を引きたい部分を選択して[メッセージ]タブの[取り消し線]ボタンをクリックします。
  2. 取り消し線が追加されました。

選択した文字を非表示にする

  1. 非表示にしたい文字を選択して[書式]メニューの[フォント]を選択します。
  2. [フォント]ダイアログボックスの[文字飾り]オプション一覧より[非表示]にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。
  3. 選択した文字が非表示になりました。

非表示にした文字を再表示にするには

  1. 非表示にした箇所を含めた前後の文字を選択してから[書式]メニューの[フォント]を選択します。
  2. [フォント]ダイアログボックスの[文字飾り]オプションの[非表示]のチェックボックスをクリックします。
  3. チェックマークになったことを確認してもう一度クリックします。
  4. チェックが外れたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。

※執筆環境:Microsoft Outlook for Mac バージョン 15.29

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ