www.wanichan.com

別の言語の文字列を翻訳するには

リファレンスツール
公開:2015/01/12 11:42:27
最終更新:2020/07/11 20:35:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リファレンスツールを使用して、一度に400語まで翻訳できます。文書内で翻訳するテキストを選択し、[表示]メニューの[リファレンスツール]をクリックして[翻訳]パネルを開き[翻訳前]には現在のテキストの言語、[翻訳後]にはテキストの翻訳後の言語を選択します。ただし、インターネットに接続している必要があります。

英語を日本語に翻訳する

  1. 文書内で翻訳するテキストを選択します。
  2. [表示]メニューの[リファレンスツール]をクリックします。
  3. リファレンスツールの[翻訳]パネルを開きます。
  4. 既定では翻訳前が日本語、翻訳後が英語になっているので、翻訳前を[英語]、翻訳後を[日本語]に正しく選択すると、以下のようになります。

備考

[このドキュメントを翻訳します。]のリンクをクリックすると、ドキュメント全体を翻訳して結果をSafariで表示することができます。ただし、暗号化されないので、機密情報が含まれたものはドキュメント翻訳を避けてください。

ちなみに、翻訳サービスは現状、正しく翻訳されません。精度は5割ぐらいと思った方がよいでしょう。たとえば "You know," が正しく翻訳されていません。 一人称も「私」と「僕」が混在しています。

翻訳するには、テキストを暗号化されていない形式でインターネットを介して送信する必要があります。続行しますか?
↓

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ