www.wanichan.com

wanichan's office 365

行の途中で改ページしないようにするには

表全体のレイアウトの調整
最終更新日時:2019/08/22 16:42:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既定では「行の途中で改ページする」ように設定されています。複数ページにわたった表を作成する場合、互換モードで途中で次のページに送ってしまうのを防ぐには、表のプロパティを開き、行の途中で改ページしないように設定します。

Windows版のWord 2016の記事はこちら

はじめに

既定では、行の途中で改ページするように設定されています。Word 2010で作成したサンプルファイルでは、ドキュメントの変換を行わない限り、下の図のようにページがまたがる形になります。

複数ページにまたがる表作成において、途中で次のページに送ってしまうのを防ぐには、表のプロパティを表示し、[行]タブを開いて、[行の途中で改ページする]のチェックを付けます。

すべてのセルにおいて、行の途中で改ページしないようにするには、表全体を選択してから操作します。

行の高さの指定がされている場合は、その指定を解除することによって、期待通りの結果が得られるでしょう。

ここでは、すべてのセルにおいて行の途中で改ページをしないように設定する方法について説明します。

行の途中で改ページしないようにする

  1. 表全体を選択して[レイアウト]タブを開き、[表のプロパティ]をクリックします。
  2. [表のプロパティ]ダイアログボックスの[行]タブを開き、[行の途中で改ページする]のチェックをはずして[OK]ボタンをクリックします。
  3. 複数ページにまたがる行が次ページに送られました。

※執筆環境:Microsoft Word for Mac バージョン 16.13

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ