www.wanichan.com

クエリに文字列の抽出条件を設定するには

抽出条件を設定する
最終更新日時:2018/10/01 13:10:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインビューのデザイングリッドの対象となるフィールドの[抽出条件]行に検索する文字列を入力します。完全一致の場合はその文字列、その指定の文字を含む場合はワイルドカートを使うとOKです。この記事では、Access 2016で完全一致、~から始まる、~を含む、等の抽出条件の設定方法について説明します。

完全一致の文字列を検索する

  1. デザイングリッドの対象フィールドの[抽出条件]行に検索する文字列を入力します。
  2. Enterキーを押すと、文字列がダブルクオーテーションで括られたことを確認してクエリの実行をします。
  3. 指定した文字列フィールドに一致したレコードが抽出されました。
    クエリの抽出条件指定前
    ↓
    性別「女」のデータのみ表示された

~から始まる文字列を検索する

  1. デザイングリッドの対象フィールドの[抽出条件]行に検索する文字列を入力し、その後*を入力します。
  2. Enterキーを押すと、抽出条件に Like "文字列*" に変換されたことを確認してクエリの実行をします。
  3. 指定した文字列で始まるフィールドに一致したレコードが抽出されました。
    ↓

備考

あいまいな条件を検索する場合、ワイルドカートを使用します。ワイルドカートを含む条件を指定すると Like "●●" に変換されます。もし、指定した抽出条件以外のデータを抽出するには、Not Like "●●" と指定します。

ワイルドカート意味
*任意の文字列と置き換え「大阪*」→「大阪」から始まるデータを抽出
「*子」→「子」で終わるデータを抽出
「*中央区*」→「中央区」を含むデータを抽出
?任意の1文字と一致「大阪市?区」→大阪市北区、大阪市西区など、1文字に置き換わりますが、
大阪市中央区などは抽出されません。
#任意の数字と一致「2#0」 → 200、210、220などが検索されます。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ