www.wanichan.com

履歴ボタンをナビゲーションウィンドウに表示するには

履歴を作成する、操作する
最終更新日時:2013/09/14 20:29:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Outlook 2010で履歴の画面にすばやく切り替えられるように、履歴ボタンをナビゲーションウィンドウに表示するには、ナビゲーションウィンドウ右下の設定ボタンをクリックして、[ボタンの表示/非表示]をポイントし[履歴]を選択します。

履歴項目の記録の概要

Outlookの履歴フォルダーを利用すると、連絡先へ送信したメッセージ、電話、FAXなどのあらゆる履歴を残して、後で参照することができます。時間軸ごとに追って表示されるので、全体的な流れがひと目で把握することができます。

履歴を記録するように設定すると、そのアイテムが記録されたり使用するたびに履歴が残されます。ハードディスクの容量を大幅に消費してしまうものもあるので、履歴の設定には十分注意してください。

履歴の記録記録される活動
手動または自動電子メールメッセージ
会議出席依頼
会議出席依頼の返信
仕事の依頼の返信
Office製品の使用(Excel/Word/PowerPoint/Access等)
手動会議
メモ
オンライン会議
電話
郵便物

履歴ボタンを表示する

  1. ナビゲーションウィンドウ右下の[設定ボタン]をクリックします。
  2. [ボタンの表示/非表示]をポイントして[履歴]をクリックします。
  3. 履歴ボタンがナビゲーションウィンドウに表示されました。
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ