www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

スライドを図のファイルとして保存するには

オブジェクトの保存とカスタマイズ
公開日時:2016/07/18 13:31:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PowerPoint 2016でそれぞれスライド単位で図のファイルとして保存するには、PNG形式(印刷品質)とJPEG形式(Web用品質)のいずれか選択できます。ただし、JPEGファイル交換形式を選択すると、画質が荒くなってしまうので注意してください。[ファイル]タブを開き、[エクスポート]を選択して、[ファイルの種類]一覧から[ファイルの種類の変更]を選択し、[ファイルの種類の変更]一覧から[PNG ポータブル グラフィックス]または[JPEGファイル交換形式]を選択します。

スライドを PNG ポータブル グラフィックス形式で保存

  1. 特定のスライドのみ図のファイルとして保存するには、あらかじめそのスライドを選択しておきます。
  2. [ファイル]タブを開き、[エクスポート]を選択します。
  3. [ファイルの種類]一覧から[ファイルの種類の変更]を選択します。
  4. [ファイルの種類の変更]一覧から[PNG ポータブル グラフィックス]を選択して[名前を付けて保存]ボタンをクリックします。
  5. 保存場所を指定して[保存]ボタンをクリックします。
  6. 以下のメッセージが表示されます。すべてのスライドをエクスポートする場合は[すべてのスライド]、現在のスライドの場合は[このスライドのみ]ボタンをクリックします。
    エクスポートするスライドを指定してください。
  7. すべてのスライドを図として保存した場合、以下のメッセージが表示されます。
    各々のスライドは、独立したファイルとして C:\Users\<ユーザー名>\Desktop\sample\ピンクのワニの商品化について1.png フォルダーに保存されました。
  8. 生成された図のファイルは以下の図の通りです。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ