www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

脚注番号に括弧を付けるには

参照のための要素を作成する、管理する
最終更新日時:2021/09/18 11:51:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

番号書式に括弧で括ったりするには、検索と置換機能の[あいまい検索(日)]のチェックを外して[検索する文字列]の対象として[特殊文字]一覧より[脚注記号]または[文末脚注記号]を選び、置換後の文字列には[特殊文字]一覧より[検索文字列]を指定して、それぞれ入力します。

番号書式に括弧や文字を付け加える

STEP 1 検索と置換オプションを展開してあいまい検索をオフにする

  1. あらかじめ脚注や文末脚注を挿入しておきます。
  2. [ホーム]タブの[編集]グループの[置換]をクリックするか、ショートカットキーCtrl+Hを使います。
  3. [検索と置換]ダイアログボックスの[オプション]ボタンをクリックして、オプションを展開します。
  4. [あいまい検索(日)]のチェックを外します。

STEP 2 検索する文字列を代入する

  1. [検索する文字列]にカーソルを移動し、[検索する文字列]の対象として[特殊文字]をクリックします。
  2. 一覧より[脚注記号]を選択します。
  3. [検索する文字列]として脚注記号 ^f が代入されます。

STEP 3 置換後の文字列を代入する

  1. [置換後の文字列]にカーソルを移動して[特殊文字]ボタンをクリックします。
  2. 一覧から[検索する文字列]を選択します。
  3. 置換後の文字列に ^& が入力されました。
  4. (1)にする場合は、 ^& を括弧で括って[次を検索]と[置換]を使って一つずつ置き換えるか、[すべて置換]ボタンで一気に置き換えます。
  5. 脚注記号に括弧を付けることができました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ