www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

引用文献一覧を挿入するには

参照のための一覧を作成する、管理する
最終更新日時:2021/06/29 08:13:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文書で引用されている事例、法令集、その他の引用文献の一覧を追加するには、TAコードを非表示にして[参考資料]タブの[引用文献一覧]グループの[引用文献一覧の挿入]をクリックし、対象となる分類、スタイルなどを選択します。

隠し文字を非表示にする

Wordのオプションで隠し文字を表示に設定されている場合は、[ホーム] タブの [段落] グループの[編集記号の表示/非表示]をクリックしてもTAコードの非表示ができません。

  1. [ファイル]タブを開き、[オプション]をクリックします。
  2. [Wordのオプション]ダイアログボックスの[表示]タブを開きます。
  3. [隠し文字]のチェックを外して[OK]ボタンをクリックします。

引用文献一覧の挿入

  1. [ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]をクリックして、TAフィールドを非表示しておきます。
  2. 引用文献一覧を作成したい場所にカーソルを移動して[参考資料]タブの[引用文献一覧]グループの[引用文献一覧の挿入]をクリックします。
    文書で引用されている事例、法令集、その他の引用文献の一覧を追加します。
  3. 対象となる分類、スタイルなどを選択し、[OK]ボタンをクリックします。
  4. 引用文献一覧が作成されました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ