www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

3Dモデルを挿入するには

図やテキストボックスを挿入する
最終更新日時:2022/04/05 21:07:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回転してあらゆる角度から表示できる3Dモデルを挿入するには、[挿入]タブを開き、[図]グループの[3Dモデル]をクリックし、[オンライン3Dモデル]一覧より選択します。

Windowsアプリ「ペイント3D」等で作成された3Dオブジェクトを挿入するには[3Dモデル]の▼をクリックし、[このデバイス]を選択して、[3Dモデルの挿入]より選択します。

はじめに

Windows 10アプリには「ペイント3D」があります。このアプリで3Dモデルを作成し、それをWord文書に挿入することが可能です。

サポートされている3Dモデルのファイル形式は以下の6種類です。

*.fbx
Autodesk FBX形式。Alias社(Autodeskが買収)がオープンソースとして策定したファイル形式。Mac版フリーソフト、Autodesk Viewer 等が対応。
*.obj
Wavefront OBJ形式。当初Wavefront Technologiesが、同社のアニメーションパッケージであるAdvanced Visualizerの為に開発したジオメトリ定義ファイル形式。多くの3Dモデリング、レンダリングソフトが対応
*.3mf
3MFコンソーシアムが開発したファイル形式。3Dモデル、カラー、その他の特性を記述した全ての情報を一つのアーカイブ内に含め、データをPNGやJPEGのように人が認識できるファイルに変換。 Windows 10標準アプリ、Paint 3D や 3D Builder等が対応。
*.ply
Polygon File FormatもしくはStanford Triangle Formatとして知られているコンピュータファイル形式。3Dスキャナからの3次元データを格納するために設計された。
*.stl
3D Systems STL形式。 三次元形状を表現するデータを保存するファイル形式のひとつ。カラー非対応
*.glb
CityGML形式。非常に簡単な構文でネットワークデータをサポートしたテキストファイルの形式。

ローカルファイルから3Dオブジェクトを追加する

  1. [挿入]タブを開き、[図]グループの[3Dモデル]の▼をクリックします。
  2. プルダウンから[このデバイス]を選択します。
  3. 挿入したい3Dオブジェクトを選択し、[挿入]ボタンをクリックします。
  4. 3Dオブジェクトが追加されました。

オンラインライブラリから3Dモデルを追加する

  1. [挿入]タブを開き、[図]グループの[3Dモデル]をクリックします。
  2. 一覧から目的のカテゴリーを選択するか、検索ボックスにキーワードを入力します。
  3. 挿入したい3Dモデルを選択して[挿入]ボタンをクリックします。
  4. オンライン3Dモデルが挿入されました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ