www.wanichan.com

Windowsってなにもの? もしおかしくなったらどうなるの?

初心者のためのパソコン講座|パソコンの基礎

Windowsは複数のソフトを同時に扱う基本ソフトですが、タスクバーにそのソフトの数だけ表示されます。Windowsがおかしくなると、人間に例えると精神的疾患または体の一部の機能に障害が起きるなどの症状があらわれます。

スポンサーリンク

Windowsは複数のソフトを同時に扱う基本ソフト

Windowsは、OS (Operating System=オペレーティングシステム) です。

しかし、OSって何でしょうか?

前のセクションで、目に見えるものはハードウェアで、目に見えないものはソフトウェアと申し上げました。
OSは目に見えませんので、ソフトウェアに位置します。パソコンを動かすための基本的なソフトですので、基本ソフトウェアとなります。
メモリやディスク、周辺機器などのハードウェアの管理をしたり、ユーザがパソコンを操作するためのプログラム(ユーザーインターフェースといいます)を提供したりしてます。
ちなみに、ExcelやWordなどのソフトはアプリケーションソフトになります。

昔、ワープロの時代・・・パソコンでも黒い画面に白い文字の時代がありましたよね?
その当時は、ひとつのソフトしか使えませんでした。
他の作業をするには、いったんそのソフトを終了しなければいけませんでした。
しかし、Windowsになってから、複数のソフトを同時に使いこなせるようになりました。
複数プログラムの同時実行ができるということですが、ワープロを使いながら、お絵かきをしたり、電卓を使ったりすることができます。

タスクバーに起動しているソフトが表示される

複数のソフトを起動していると、タスクバーにそのソフトの数だけ表示されます。
作業中のソフトは、そのソフトに該当するものがタスクバーの中で凹んでいて、その他のものはすべてボタンは押されていない状態となっています。
たとえば、ExcelとWordを使っているとき、今使っているのがWordであれば、Wordのタスク(タスクバーにあるWordのボタン)が凹みます。
Excelに切り替えたい場合は、その隣のExcelのタスクをクリックすると、Wordの代わりにExcelのタスクが凹みます。
このように、タスクを切り替えることができるのをマルチタスクと呼ぶんですけどね・・・・この言葉は知らなくてもいいかも(笑)

では、どこまでタスクを追加することができるか、ということですが、メモリ(RAM=Random Access Memory)の大きさに比例します。
もし、でっかいメモリをつけていれば、それだけ作業範囲は広くなるので、たくさんの仕事をこなすことができます。
もし、メモリが不足すると、Windowsは処理しきれなくなり、固まってしまいます。

Windowsがおかしくなったら?

では、Windowsがおかしくなったらどうなるのでしょうか?
人間に例えると・・・いきなり意味もなく叫びだしたり、暴走したり・・・神経が麻痺状態となって、ExcelやWordなどのソフトを動かすことはできなくなります。
半身不随・・・みたいな感じですね。たとえば手が動かなくなったり、目が見えなくなったり・・・そんな状態でしょうね、たぶん(謎)。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ