www.wanichan.com

wanichan's office 365

スペルチェック機能を使って修正するには

スペルチェックと文章校正
最終更新日時:2019/11/03 10:15:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ツール]メニューの[スペルチェックと文章校正]をポイントして[スペルチェックと文章校正]クリックするか、[校閲]タブを開き、[文章校正]グループの[スペルチェックと文章校正]をクリックして、[スペルチェックと文章校正]ダイアログボックスで[候補一覧]ボックスから選択して[修正]ボタンをクリックしていきます。スペルチェックと文章校正のショートカットキーはoption+command+Lです。

はじめに

既定ではスペルミスや文法ミスが自動的に検出されて赤の波線や青の下線でエラー箇所が表示されますが、その自動チェック機能を無効にした状態等において、すべてのスペルチェックや文章校正を一つずつ確認しながら修正していくには[スペルチェックと文章校正]ダイアログボックスを利用するとよいでしょう。Word 2016 for Macでのスペルチェックと文章校正のショートカットキーは、Windows版と共通のF7キーになりました。

必要に応じて、次の操作を行っていきます。

スペルチェック

単語を修正するには
[修正候補一覧]で、使用する単語をクリックして、[変更]ボタンをクリックします。
現在選択されている単語を文書内ですべて修正するには
[修正候補一覧]で、使用する単語をクリックして[すべて修正]ボタンをクリックします。
現在選択されている単語を無視して次のスペルミスした単語に移動するには
[無視]ボタンをクリックします。
現在選択されている単語を文書内ですべて無視し、次のスペルミスした単語に移動するには
[すべて無視]ボタンをクリックします。

文章校正

修正候補の1つを使用して文法のエラーを修正するには
[修正候補一覧]で、適用する修正をクリックして、[変更]ボタンをクリックします。
文章を自分で変更して文法のエラーを修正するには
  1. 文章内をクリックし、文を編集して文法のエラーを修正します。
  2. [スペルチェックと文章校正]ダイアログボックスの[開始]ボタンをクリックします。
現在の文は修正せずに、ほかの文法エラーを探すには
[次の文]ボタンをクリックします。

[スペルチェックと文章校正]ダイアログボックスで操作する

  1. 文書の先頭にカーソルを移動し、[校閲]タブを開きます。
  2. [文章校正]グループの[スペルチェックと文章校正]をクリックします。
    スペルチェックと文章校正(F7):文書内のスペルの間違いや文法をチェックします。
  3. [スペルチェックと文章校正]ダイアログボックスが表示されたら、[修正候補の一覧]ボックスから選択します。ここでは、[「い」抜き なっています]を選択して[修正]ボタンをクリックします。
  4. [修正候補の一覧]ボックスから[Skywalk]を選択して[修正]ボタンをクリックします。
  5. [修正候補の一覧]ボックスから[「い」抜き 曇っていたり]を選択して[修正]ボタンをクリックします。
  6. 「文章の校正が終了しました。」というメッセージが表示されるはずですが、なぜか以下のメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    "スペル チェックと文章校正を行わない" に設定されている箇所はスキップされました。
  7. すべての文法ミスとスペルミスが修正されました。

※執筆環境:Microsoft Word for Mac バージョン 16.31

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ