www.wanichan.com

式ビルダーを使用するには

演算フィールドを作成する
最終更新日時:2014/07/18 06:53:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

演算フィールドを作成するにあたり、関数を参照したり、クエリ内のフィールドを確実に代入したりするには、式ビルダーを使用するとよいでしょう。フィールド行を選択し、[クエリツール]の[クエリ設定]グループの[ビルダー]をクリックするか、右クリックしてショートカットメニューより[ビルド]を選択します。関数や引数を追加するには、追加したいものをダブルクリックするとOKです。

式ビルダーの表示

  1. フィールド行を選択し、[クエリツール]の[クエリ設定]グループの[ビルダー]をクリックします。
  2. 式ビルダーが表示されました。

関数の使用

式ビルダーの[関数]の[組み込み関数]には、それぞれカテゴリ別に分類されています。Int関数は[算術]カテゴリにあります。[式の値]一覧から[Int]をダブルクリックすると、<<number>> というプレースホルダーテキストが挿入されます。そのプレースホルダーテキストを選択してその値を指定します。

Int をダブルクリック
↓
Int 関数が挿入された

フィールドの挿入

現在のクエリのフィールドは下の図のように簡単に挿入できます。ただし、式に他の要素が含まれている場合、要素はプレースホルダー <<Expr>> で区切られます。式全体を有効にするには、このプレースホルダーを演算子で置き換える必要があります。フィールド名は最後に追加するのが望ましいのかもしれません。

↓

演算子の挿入

[式の要素]一覧から[演算子]を選択して、挿入したい演算子をダブルクリックします。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ