www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

スペルチェックや文章校正の波線を表示しないようにするには

スペルチェックと文章校正
公開日時:2016/04/07 18:21:01
最終更新日時:2020/06/29 19:01:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word 2016既定では、文章の揺れや「ら」や「い」抜きの箇所があったり、単語の綴りに誤りがある場合は波線で表示されます。その波線を非表示にするには、[Wordのオプション]のダイアログボックスの[文章校正]をクリックし、[この文書のみ、結果を表す波線を表示しない]や[この文書のみ、文章校正の結果を表示しない]

はじめに

既定では、文章の揺れや「ら」や「い」抜きの箇所があったり、単語の綴りに誤りがある場合は波線で表示されます。スペルミスの場合は赤の波線、文法ミスは青の波線が表示されます。

この問題を解決するには、Wordのオプションを変更するとOKです。ら抜きなどの文法ミスのみ表示させたくないのか、それとも波線そのものを表示させたくないかによって、チェックする項目が異なります。

この文書のみ、結果を表す波線を表示しない
スペルチェックエラーを表す赤の破線が表示されなくなります。
この文書のみ、文章校正の結果を表示しない
文章校正エラーの青の破線が表示されなくなります。

ちなみに、[Wordのオプション]ダイアログボックスの[文章校正]内、[Wordのスペルチェックと文章校正]グループの[文書のスタイル]ボックスで[くだけた文]にすると、「ら」抜きや「い」抜きの箇所は無視されます。

操作方法

現在開いている文書のみ波線を非表示にするには

  1. [ファイル]タブを開きます。
  2. [オプション]をクリックします。
  3. [Wordのオプション]ダイアログボックスの[文章校正]をクリックします。
  4. [例外]には現在開いている文書が選択されていることを確認します。
  5. この文書のみ、結果を表す波線を表示しない]および[この文書のみ、文章校正の結果を表示しない]のチェックを付けて、[OK]ボタンをクリックします。
  6. スペルチェックや文章校正の波線が表示されなくなりました。

今後のすべての新規文書に対して波線を非表示にするには

  1. [Wordのオプション]ダイアログボックスの[文章校正]をクリックします。
  2. [例外]を[すべての新規文書]に指定します。
  3. この文書のみ、結果を表す波線を表示しない]および[この文書のみ、文章校正の結果を表示しない]のチェックを付けて、[OK]ボタンをクリックします。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ