www.wanichan.com

XMLデータの挿入

XMLデータの利用
最終更新日:2007/05/29 01:38:03

概要

WebページにXMLデータを挿入する方法を紹介します。

データソースを表示するには

  1. XMLデータファイルをExpression WebのWebサイト内にインポートします。
  2. [データビュー]→[データビューの挿入]をクリックします。
    もしくは、[データソースライブラリ]作業ウィンドウを表示するために、[作業ウィンドウ]→[データソースライブラリ]をクリックします。
  3. [データソースライブラリ]作業ウィンドウが表示され、作業中のサイト内のXMLファイルが抽出されました。「XMLファイルの追加」をクリックすると、XMLファイルをサイト内に追加することもできます。
    データソースライブラリ
  4. データソースライブラリのXMLファイルをクリックし、[データの表示]をクリックします。
    データの表示
  5. データソースの詳細ウィンドウが表示され、フィールドがツリー状に表示されました。
    データソースの詳細

▲Page TOP

フィールドを挿入するには

  1. Webページに挿入したいフィールドを選択し、[選択したフィールドの挿入]をクリックします。
    ※Ctrlキーを押しながらクリックすると、連続しないフィールドを自由に選択することができます。
  2. 一覧から「単一アイテムビュー」を選択してみます。
    単一アイテムビューでフィールドを挿入
  3. 単一アイテムビューでフィールドが挿入されました。
    フィールドが挿入された後の画面

▲Page TOP

スポンサーリンク
INDEX

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題は解決しましたか?

操作方法、設定方法等で困ったら、Google+コミュニティ Expression Web Users Group Japan に投稿してください!

▲このページのトップへ