www.wanichan.com

Webサイト構築のポイント

階層構造にしてコンテンツを管理しよう

はじめに

テーマ別に分類しても、その中のコンテンツのファイルなどがすべて同じ場所(階層)にあっては意味がありません。[フォルダーリスト]パネルで目的のファイルを見つけるにも手間がかかってしまいます。

そこで、テーマ別のフォルダごとにそれぞれ階層構造(ツリー状)にコンテンツをまとめておくことで、どこに何があるのかが明確になるため、サイトの管理、更新がしやすくなります。

フォルダーをツリー状に構成する

大分類の中にひとまとまりでグループ分けできるのであれば、その大分類フォルダにサブフォルダを作成していきます。

C:\Users\<ユーザー名>\My Web Sites\
│(インターネットではhttp://www.wanichan.com/に相当)
├web/
│├expression/
││├web3/
││├web2/
││├web/
││├tips/
││└faq/
│├resources/
││├before/
││└color.html
│├archives/
││├word97/
││├word2000/
││└fpxpress/
│├frontpage
││├2003/
││├2002/
││└2000/
│└forum/pc/
│├office/
│├excel/
││├2007/
││├2003/
││├2002/
││└2000/
│├word/
││├2007
││├2003
││├2002
││└2000
│├powerpoint/
││├2007/
││├2003/
││├2002/
││└2000/
│└access/
├travel/
│├travel/
│└vancouver/
・・・つづく

…キリがないので省略します(逃

ちなみに、Expression Web 3コンテンツサイトのパスは、/web/expression/web3/ となります。このパスの名前だけでもどのようなコンテンツなのか一目でわかりますよね。

それぞれのフォルダごとに「index.html」ファイルを用意する

それぞれのコンテンツのフォルダには「index.html」などのトップページファイルを用意し、コンテンツのインデックス(目次)を作成します。

このようにすることで、閲覧者が現在どのコンテンツにアクセスしていて、そこにはどのような情報があるのかがわかるようになります。インターネット上では「index.html」というファイル名は省略できます。

実際のExpression Web 3のトップページのアドレス(URL)は、
http://www.wanichan.com/web/expression/web3/index.html ですが、
http://www.wanichan.com/web/expression/web3/ でもアクセスできます。

Expression Webでは「default.html」になってしまいますが、現在、世界中で「index.html」にすべきだという意見が強くなっています。おそらくIISの環境を想定しているため、トップページが「default.html」なのでしょうね。FrontPageでは「index.htm」だったんですけどねぇ。。。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題は解決しましたか?

操作方法、設定方法等で困ったら、Google+コミュニティ Expression Web Users Group Japan に投稿してください!

▲このページのトップへ