www.wanichan.com

ルーラーやグリッド線を表示するには

インデントとタブの設定
最終更新日時:2020/06/29 21:28:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既定では、ルーラーが非表示になっています。ルーラーやグリッド線の表示/非表示は、[表示]タブの[ルーラー]や[グリッド線]のチェックボックス、または[表示]メニューから操作します。ただし、文字単位のルーラーはWord for Mac現行バージョンではサポートされていません。

ルーラーを表示するには

文書の体裁を整えるには、ルーラーを使用するといいでしょう。既定ではルーラーが非表示のため、表示するには[表示]メニューの[ルーラー]をクリックするか、[表示]メニューの[ルーラー]にチェックを付けるとOKです。

水平ルーラーのそれぞれのインデントマーカーを使って、インデントを設定することができます。

  • 1行目のインデント:段落の1行目の位置を設定
  • ぶら下げインデント:段落の2行目の位置を設定
  • 左インデント:段落の左端の位置を設定
  • 右インデント:段落の右端の位置を設定

ただし、Word 2011では文字単位でインデントの設定が行えましたが、現行バージョンではサポートされていないためミリ単位となります。アップデートに期待しましょう。

グリッドを表示するには

[表示]メニューの[グリッド線]をクリックするか、[表示]タブを開き[グリッド線]にチェックを付けます。

グリッド線を方眼紙のように表示するには

  1. [Word]メニューの[環境設定]を選択して[Word環境設定]ダイアログボックスを表示し、[編集]を開きます。
  2. [グリッドのオプション]ボタンをクリックします。
  3. [グリッドのオプション]ダイアログボックスの[文字グリッド線の間隔]を「0.86字」にします。
  4. [グリッド線を表示する]の[文字グリッド線を表示する間隔 (本)]にチェックを付けて[2]と設定し、[OK]ボタンをクリックします。
  5. Word環境設定ダイアログボックスを閉じると、以下の図のようになります。

※執筆環境:Microsoft Word for Mac バージョン 16.24

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ