www.wanichan.com

wanichan's office 365

数式の表示方法を変更するには

記号と特殊記号の挿入
最終更新日時:2019/11/07 21:52:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

積分を2次元形式で表示する場合、他のN項演算子を2次元形式で表示する場合、数式の余白および配置方法、数式が行を折り返す場合の配置方法をそれぞれ設定するには、[フォーマット]メニューの[数式オプション]をクリックし、[数式の表示]タブで行えます。ここでは、数式の配置方法を左揃えに変更する方法について説明します。

はじめに

積分を2次元形式で表示する場合、他のN項演算子を2次元形式で表示する場合、数式の余白および配置方法、数式が行を折り返す場合の配置方法をそれぞれ設定できます。

積分を2次元形式で表示する場合
  • 演算子の右側に積分の極限を配置する(既定)
  • 演算子の上下に積分の極限を配置する
  • 他のN項演算子を2次元形式で表示する場合
  • 演算子の右側に積分の極限を配置する
  • 演算子の上下に積分の極限を配置する(既定)
  • 数式行の数式には次の設定を使用する
  • 左余白: 0 mm(既定)、右余白: 0 mm (既定)
  • 配置: 左揃え・中央揃え・右揃え・グループ化して中央揃え(既定)
  • 数式が行を折り返す場合
  • 折り返した行のインデント幅:25.4 mm(既定)
  • 折り返した行を右揃えにする
  • 数式の配置を左揃えに変更する

    1. [フォーマット]メニューの[数式オプション]をクリックします。
    2. [数式]ダイアログの[数式の表示]タブを開き、[配置]の▼をクリックします。
    3. 一覧から[左揃え]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
      ↓
    4. 文書に挿入されたすべての数式が左揃えに配置が変更されました。

    ※執筆環境:Microsoft Word for Mac バージョン 16.24

    次のセクション

    スポンサーリンク
    INDEX
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    異なるバージョンの記事

    コメント

    ▲このページのトップへ