www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

アクセシビリティのためにグラフに代替テキストを追加するには

グラフを書式設定する
最終更新日時:2021/05/11 21:20:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーン リーダー用にグラフに代替テキストを設定するには、グラフを選択して[書式]タブの[代替テキスト]をクリックして、[代替テキスト]ウィンドウの[説明]ボックスに入力します。1~2文が推奨されています。説明はグラフ内の情報をテキストで表した代替情報です。なお、意味を持たないオブジェクトに対しては、[装飾用にする]にチェックを付けるとOKです。

グラフに代替テキストの追加

  1. 対象となるグラフを右クリックしてショートカットメニューより[代替テキストの編集]を選択するか、[書式]タブの[代替テキスト]をクリックします。
    スクリーン リーダー用にオブジェクトのテキストの説明を作成します。
  2. [代替テキスト]の[説明]ボックスに入力します。1~2文が推奨されています。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ