www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

プレゼンテーションをクラウドに保存するには

プレゼンテーションの共有と校閲
公開日時:2016/07/15 18:43:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼンテーションを他の人と共有するには、クラウドに保存してユーザーを招待、電子メールに添付して送信する方法などがあります。共有相手によって適切な方法でプレゼンテーションを共有してください。ここでは、PowerPoint 2016でプレゼンテーションをOneDriveに保存する方法について説明します。

はじめに

プレゼンテーションを複数人で校閲するには、変更履歴の記録機能があればいいのですが、残念ながらPowerPointにはその機能がありません。その代わり、OneDrive等、共有の場所にファイルを置いて校閲者にメールで招待して、コメントなどを残すように依頼します。そのあと、手元の下書きのプレゼンテーションファイルと、OneDrive等の共有の場所に存在するファイルを比較してはじめて更新履歴ウィンドウを使用できます。

  1. プレゼンテーションをクラウドに保存する
  2. 他のユーザーを招待する
  3. 校閲者にコメントや編集をしてもらう
  4. 手元のファイルと比較する

この記事では、最初のステップ、プレゼンテーションをOneDriveに保存する方法について説明します。

プレゼンテーションをクラウドに保存する

  1. 画面右上の[共有]をクリックします。
    このドキュメントを共有し、共有しているユーザーを確認します。
  2. [クラウドに保存]ボタンをクリックします。
  3. OneDriveの[公開]フォルダーを参照し、ファイル名を指定して[保存]ボタンをクリックします。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ