www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

アニメーションの軌跡効果を設定するには

スライドのコンテンツにアニメーションを設定する
最終更新日時:2022/07/16 17:01:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オブジェクトを自由に動かしたい場合は、アニメーションに軌跡を追加するとOKです。[アニメーションスタイル]一覧に表示されるのは、直線、アーチ、ターン、図形、ループ、およびユーザー設定パスです。その他のアニメーション軌跡効果は[アニメーションスタイル]ボックス一覧から[その他のアニメーションの軌跡効果]を選択して、[アニメーションの軌跡効果の変更]ダイアログボックスより選びます。

はじめに

[アニメーション]ボックスに表示されるのは以下の6種類です。

直線
テキストまたはオブジェクトが、指定した方向に直線軌道で移動します。
アーチ
テキストまたはオブジェクトが、指定した方向に曲線軌道で移動します。
ターン
テキストまたはオブジェクトが、直線軌道で移動し、指定した方向に向きを変えます。
図形
テキストまたはオブジェクトが、指定した図形の枠線に沿って移動します。
ループ
テキストまたはオブジェクトが、指定したループ図形の軌道に沿って移動します。
ユーザー設定パス
テキストまたはオブジェクトが、指定した軌道に沿って移動します。

すべての「アニメーション軌跡」は以下の通りです。

ベーシック

  • ハート
  • ひし形
  • フットボール
  • 五角形
  • 三日月
  • 四角形
  • 星4
  • 星5
  • 星6
  • 星8
  • 正三角形
  • 台形
  • 直角三角形
  • 八角形
  • 平行四辺形
  • 六角形

最初の行

  • 8の字(ダブル)
  • 8の字(横)
  • 8の字(縦)
  • スウッシュ
  • ニュートロン
  • ピーナッツ
  • プラス
  • ループ
  • 曲線(X型)
  • 三角形(転回)
  • 四角形(曲線)
  • 四角形(転回)
  • 星(シャープ)
  • 星(曲線)

線と曲線

  • アーチ(右)
  • アーチ(下)
  • アーチ(左)
  • アーチ(上)
  • カーブS型(1)
  • カーブS型(2)
  • ジグザグ
  • しょうご
  • ステップダウン
  • スパイラル(右へ)
  • スパイラル(左へ)
  • スプリング
  • ターン(右下へ)
  • ターン(右上へ)
  • ターン(下へ)
  • ターン(上へ)
  • バウンド(右へ)
  • バウンド(左へ)
  • 鼓動
  • 対角線(右下へ)
  • 対角線(右上へ)
  • 直線(右へ)
  • 直線(下へ)
  • 直線(左へ)
  • 直線(上へ)
  • 波線
  • 波線(減衰曲線)
  • 波線(正弦曲線)
  • 湾曲カーブ(右)
  • 湾曲カーブ(左)

ジグザグのアニメーション軌跡を追加する

  1. アニメーションを適用したいオブジェクトを選択し、[アニメーション]タブを開きます。
  2. [アニメーションスタイル]ボックスの右下の[その他]をクリックします。
  3. 一覧から[その他のアニメーションの軌跡効果]を選択します。
  4. [アニメーションの軌跡効果の変更]一覧より[ジグザグ]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
  5. ジグザグのアニメーションが追加されました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ