www.wanichan.com

PC > Word > 2007 > 表の作成と編集

Wordで表計算をするには

表の作成と編集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Word 2007でちょっとした四則計算や合計を求めるだけであれば、Word文書内に表計算させるというのも一つの手です。サンプルファイルを使って、請求書を作成してみましょう。

はじめに

Word文書でもExcelのように表計算することができます。請求書をWordで作成する際に、計算式を設定するだけで自動的に求めることができます。

しかし、計算対象となる数値は半角でなければいけません。

もし、全角で数値が入力されている場合、以下の手順で半角に変換しておきましょう。

  1. 全角で入力されている範囲を選択します。
  2. [ホーム]タブを開き、[フォント]グループの[文字種の変換]ボタンをクリックして[半角]をクリックします。

単価に数量を乗じた金額を求めるには

表計算する場合のセル番号は、Excelと同じように考えるとOKです。ただし、複数の列が結合されている場合は、1列とみなします。

商品名単価数量金額
小計
消費税
合計

この場合、以下のように解釈します。

A1B1C1D1
A2B2C2D2
A3B3C3D3
A4B4C4D4
A5B5C5D5
A6B6
A7B7
A8B8
  1. 最初の金額のセルにカーソルを移動して、[レイアウト]タブの[データ]をクリックして[計算式]をクリックします。
  2. [計算式]ダイアログボックスの[計算式]ボックスに =B2*C2 と入力して[OK]ボタンをクリックします。
  3. 計算式が挿入された場所がフィールドになります。
  4. 数量の数値を「2」に変更してみます。
  5. フィールドにカーソルを移動してF9キーを押すと再計算されます。

下のセルにも計算式フィールドを入れるには

フィールドをコピーして、貼り付けたフィールドを編集するとスムーズかもしれません。

  1. すでに作成されたフィールドをコピーして下のフィールドに貼り付けます。
  2. フィールド内にカーソルを配置し、右クリックしてショートカットメニューより[フィールドコードの表示/非表示]をクリックすると、下の図のようにフィールドコードが表示されます。
  3. 計算式を編集します。
  4. フィールド上を右クリックしてショートカットメニューより[フィールドコードの表示/非表示]をクリックします。
  5. F9キーを押してフィールドを更新します。

合計を求めるには

  1. 小計の値を求めるセルを選択します。
  2. [データ]をクリックして[計算式]をクリックします。
  3. [計算式]ダイアログボックスで、自動的に[計算式]ボックスに「=SUM(ABOVE)」が代入されていることを確認して[OK]ボタンをクリックします。

消費税を求めるには

消費税の計算式として、=B6*0.05 と入力します。

合計を求めるには

合計の計算式は 小計を求めるのと同じ要領で、=SUM(ABOVE) でOKです。

表示形式を変更するには

[計算式]ダイアログボックスの[表示形式]ボックス一覧から通貨スタイルやカンマスタイルに設定できます。

カンマスタイルの場合は「#,##0」、通貨スタイルの場合は「¥#,##0; (\#,##0)」を選択します。ちなみに、通貨スタイルにすると、負の値はカッコで括られます。

次のセクション

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ