www.wanichan.com

表全体の幅を指定するには

表全体のレイアウトの調整
公開日時:2012/08/15 15:10:30
最終更新日時:2019/08/22 18:30:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[表のプロパティ]ダイアログボックスを表示し、[表]タブの[幅を指定する]のチェックボックスをオンにして、幅の値を指定します。

はじめに

表全体の幅を指定するには、[表のプロパティ]ダイアログボックスを表示し、[表]タブの[幅を指定する]のチェックボックスをオンにして、幅の値を指定します。ただし、列幅の指定がある場合がそれが優先されるので、列幅の値が指定されていないか確認が必要です。

インストール直後の既定の設定でマウスで行列指定して表を挿入した場合、表全体の幅の指定はされていないけれども、列幅がウィンドウ幅に対して等間隔に指定されているため、値を指定しても変化がみられないので注意してください。

表全体の幅を指定する

  1. 表内にカーソルを移動します。
  2. [表ツール]の[レイアウト]タブを開き、[表]グループの[プロパティ]をクリックします。
    [表のプロパティ]ダイアログボックスを表示します。インデントや文字列の折り返しなど、表の詳細プロパティを変更できます。
  3. [表]タブの[幅を指定する]のチェックボックスをオンにします。
  4. 単位はパーセントかピクセルかのいずれかを選択し、数値を指定して[OK]ボタンをクリックします。
  5. 表全体の幅が指定されました。

備考

表の幅を指定しても意図した結果が得られない場合は、列幅が指定されている可能性があります。[表のプロパティ]ダイアログボックスの[列]タブを開き、[列幅を固定する]のチェックを外してみてください。すべての列幅の指定を解除するには、[前の列]や[次の列]ボタンをクリックして、指定されていないかどうか確認します。

もし、表がはみ出てうまく編集できない場合は、『下書き表示にするには』または『Webレイアウト表示にするには』の記事を参考にして下書き表示またはWebレイアウト表示してみてください。テキストだけ表示の場合は下書き、画像もすべて表示するにはWebレイアウト表示と使い分けましょう。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ