www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

変更履歴の記録をオンまたはオフにするには

変更履歴の管理
公開日時:2012/10/16 13:35:30
最終更新日時:2020/07/11 21:13:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
他の人に校閲してもらうために、どこを変更したか校閲者に明確にさせるには、変更履歴の記録をオンにする必要があります。[校閲]タブの[変更履歴の記録]をクリックすると記録が開始され、もう一度そのボタンを押すとそのあとの操作の記録がされなくなります。

変更履歴の記録をオンにするには

  1. [校閲]タブを開きます。
  2. [変更履歴]グループの[変更履歴の記録]をクリックします。
  3. 編集すると、記録されるようになりました。
    「掛けたり」を「かけたり」に書き換えると…
    ↓
    変更履歴が記録された

変更履歴の記録をオフにするには

  1. [校閲]タブの[変更履歴]グループにある[変更履歴の記録]をクリックします。
  2. 編集しても記録されなくなりました。
    「さまざま」を「様々」に書き換えようとしても
    変更履歴に記録されなくなった

ユーザー名を変更するには

  1. [変更履歴]グループの[変更履歴の記録]の▼をクリックして、[ユーザー名の変更]をクリックします。
  2. [Wordのオプション]ダイアログボックスにて、ユーザー名と頭文字を変更して[OK]ボタンをクリックします。
  3. 変更履歴の記録をオンにすることによって、違うユーザー名で記録されるようになりました。
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ