www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

文字に影、光彩、反射効果を追加するには

文字列や段落の書式を設定する
最終更新日時:2022/07/16 17:06:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文字の塗りつぶし効果を適用した後に、文字の輪郭、影、光彩や反射効果を組み合わせるには、対象となる文字を選択し、[ホーム]タブの[フォント]グループの[文字の効果と体裁]ボタンをクリックして、それぞれの文字の効果一覧から選択します。ただし、文字を変形させるには、ワードアートに変換する必要があります。

影、光彩、反射効果を追加する

  1. [文字の効果と体裁]の[影]をポイントして、適用したい影スタイルを選択します。
  2. [文字の効果]の[反射]をポイントして、適用したいスタイルを選択します。
  3. [文字の効果]の[光彩]をポイントして、適用したいスタイルを選択します。

選択した文字列をワードアートオブジェクトに変換する

  1. ワードアートに変換したい文字列を選択します。
  2. [挿入]タブを開き、[テキスト]グループの[ワードアートの挿入]を選択します。
  3. 一覧からワードアートを選択します。
  4. 文字列がワードアートオブジェクトに変換されました。
  5. 変換されたワードアートの文字列の折り返しは「四角」に設定され、サイズを小さくするとその周りに文字列が折り返されます。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ